GCC’s blog

基本的に「あとは野となれ山となれ」ですが、そこに何かしら実ればと淡い期待をしてもいます。

スマブラDXのニュートラルゲーム解説動画の聞き取り

 読者のみなさん、こんばんは。今回は、SSBM-Tによる「ニュートラルゲーム」解説動画の聞き取り回です。この定義について動画内で言われていることを先に述べると、ニュートラルゲーム」とは「プレイヤー間で、どちらのプレイヤーも相手のプレイヤーに対して利点ないし不利点を持っていない状態」(0:10-0:16)です。対戦動画などで目にすることがあるような、2人のプレイヤーがそれぞれ操作するキャラクターたちが画面上をシャカシャカ動いている状態、これが「ニュートラルゲーム」と呼ばれる状態であるということです。

 

 試合中はキャラクターが画面上を縦横無尽に動き回りますし、試合の流れもすぐに変わってしまったりするので、「プレイヤー間で、どちらのプレイヤーも相手のプレイヤーに対して利点ないし不利点を持っていない状態」といっても、「ニュートラルゲーム」がどのような状態なのかしっくりこないかもしれません。そこで、筆者の理解をより確かなものにするためにも、動画内の説明を引用したり他のサイトを参照しながら、この状態について整理していきたいと思います。

 

 さて、1対戦時間内においてどういう時間帯が「ニュートラルゲーム」であるのかをはっきりさせるために、以下のようなありうるかもしれない考えを想定してみます。「未だにキャラクター同士の衝突が生じていないため、パーセンテージの変化も起きていない状態は、一見『プレイヤー間で、どちらのプレイヤーも相手のプレイヤーに対して利点ないし不利点を持っていない状態』であるかもしれないけれども、高度な読み合いの中にはその瞬間瞬間における読み上の利点ないし不利点が存在していると考えられる」。あれですね、漫画とかでよくある剣豪同士の読み合いだけで勝負がついてしまうシーンで剣豪たちの頭の中だけで行われている戦いのことですね。Meleeで言ったらステージ上でシャカシャカとキャラクターを動かしながらプレイヤーたちが読み合いの攻防をしているみたいな状況なので、あるのかもなぁそういうこともと思えるかもしれませんね。しかしながら、「利点ないし不利点」を可能な限り拡大解釈することで出るかもしれないようなこの考えを受け入れる場合、「もはや試合中はいつでも『ニュートラルゲーム』ではない」と言えてしまうので、困ってしまいます。というのも、どこからどこまでが「ニュートラルゲーム」であるのかの誰にでもわかる判断基準が存在しないことになるからです。

 

 SSBM-Tは筆者が用意した上記のような考えに対して明確な返答を用意してくれています。SSBM-Tは解説動画ですから、以下の引用は、視聴者が上記のようなふわっとした理解をしないための判断基準の提示でしょう。ニュートラルゲーム」かそうでないかの判断基準はそこから実際の攻防が生じるような「最初の攻撃」(0:17-0:26)です。これは「ゲームの状態を『ニュートラルゲーム』から『パニッシュゲーム』へと移行させるような攻撃」(同上)です。なお、ここで新しく出てきた「パニッシュゲーム」は、一方のキャラクターが他方のキャラクターを一方的に狩っている時間帯、たとえば、「絶リフ」が連続して決まっていたり、CFの空下からの空前が決まっていたり、また「投げ連」が決まっていたりするような状況のことを指します("NMW's guide to getting good at melee"参照)。

 

f:id:GCC:20170606181743p:plain

 

上の画像は今回紹介する解説動画内の一場面ですが、上記のような考え方が前提としてあって、"FIRST HIT = PUNISH GAME"と言われていると理解すればすっきりするかなぁと思います。

 

 また、この判断基準について上記で「最初の攻撃」と言っていますが、補足すると、この攻撃は対戦を通じての最初の攻撃ではないと思いますというのも、1対戦内での文字通りの最初の攻撃がここで言われている「最初の攻撃」であると考えると、どちらかのキャラクターが撃墜されたり、コンボが終わったりした直後の仕切り直しの時間帯をどう呼べばいいのかわからなくなるからです。なお、この仕切り直しの時間帯におけるパーセンテージや残りストックの差を考慮にいれると、キャラクター間に利点ないし不利点が生じているので実際の攻防がなくても「パニッシュゲーム」が継続していると考えられるかもしれません。しかしながら、これを言い出すと、実際の攻撃が見えていない状態での利点ないし不利点を考慮に入れるということになるため(上記の剣豪たちの戦いの具体例で言われていることと同じですね)、そもそもキャラ選びの時点でのキャラクター相性などを考慮に入れる必要が生じてしまうので、これらの差は不利ないし不利点に入れないと考えられているとするのが妥当だと思います。それゆえに、「最初の攻撃」は「パニッシュゲーム」が始まるための攻撃と考えられるのです。また、もちろん、たとえ攻撃が一回限りのものであれ、一方的に攻撃していることには違いがないので、一方のプレイヤーのターンがどれくらい継続したのかはここでは無関係であると言えるでしょう。したがって、1対戦内には、条件が整えば何回もの「最初の攻撃」があるということも引きだされます。ただし、ストックやパーセンテージの差を考慮に入れた状態に対する呼び名がある場合、そちらで呼ぶ方が適切だと思います。

 

 さて、ともあれ、ニュートラルゲーム」は「プレイヤー間で、どちらのプレイヤーも相手のプレイヤーに対して利点ないし不利点を持っていない状態」であり、これを判断する際の基準が「パニッシュゲーム」が始まるきっかけであるような「最初の攻撃」であるということがわかれば、おそらくそれ以外に今回の解説動画から最低限学ぶ必要のあることはないと思います。ということで、聞き取り用の解説動画を以下に貼っておきたいと思います。聞き取り間違いなどありましたら、教えていただけると嬉しいです。

 

                www.youtube.com


 

 では!